学校長あいさつ

学校長 小林 裕之

 江戸川看護専門学校は、江戸川区医師会の信条である「地域医療への貢献」を基に、保健・医療・福祉のニーズを踏まえ、地域住民の健康維持、増進、回復に向け、実践力のある質の高い医療従事者を育成するために2015年4月に開校されました。
 3年間で看護の理論を学び、知識、技術を習得し、基礎的な看護実践能力を養うとともに、生命の尊厳を理解し、正しい倫理観を持った豊かな人間性を培うことを到達目標に掲げております。真の意味で「質の高い」看護師とは、知識や実践力のみならず、人の痛みや悲しみに心から寄り添える優しさを兼ね備えている看護師のことです。
 本校では、経験豊富な教員が皆さんの学びを支えてまいります。新型コロナ感染症という新たな感染症に立ち向かう医療従事者の姿を報道などで見る機会もあるかと思いますが、このような今だからこそ看護師の使命や責任とは何かを、教職員一同皆さんとともに真剣に考えていきたいと思います。我こそは!と思われた皆さん、私たちと一緒に医療の道を歩んでみてはいかがでしょうか。



教務課長あいさつ

教務課長 教務課長 直正 恵津子
 2020年度の幕開けは昨年の4月、新型コロナ感染拡大における緊急事態宣言からのスタートでした。日常生活も一転しステイホームとなり、本校も入学式は中止、登校もできない状態で在宅学習を余儀なくされました。通常の生活のありがたさを痛感した1年でもありました。
 学校生活では、教職員一丸となって感染防止に努めながら、学習の質の担保をとるために在宅における授業・領域別実習の指導方法の工夫を行ってきました。学生たちも必死に各教科の課題に取り組んで応えてくれました。
 まさに、本校の教育理念にある「…生命の尊厳と倫理観を備えた豊かな人間性を養い、人に対する思いやりと共感する姿勢がもてる看護専門職業人の育成…」が育まれたと実感しております。
 地域に暮らす人々の健康増進に向けて、地域医療・福祉・保健に対応できる看護師を目指し、是非、私達教職員一同とともに歩んでいきませんか。

沿革

昭和36年09月28日 准看護婦学校設立委員会設置
昭和37年04月01日 江戸川区医師会付属准看護婦学校設置(定員50名)
昭和40年04月 定員改正60名
昭和41年08月01日 各種学校認可
昭和46年04月 定員改正80名
学校創立10周年記念式典
昭和52年07月16日 専修学校認可を受け、「江戸川看護高等専修学校」と改称
昭和56年11月20日学校創立20周年記念式典
平成02年04月 准看護婦課程カリキュラム改正
平成04年11月28日 学校創立30周年記念式典
平成13年04月 定員改正50名
平成13年11月17日学校創立40周年記念式典
平成24年06月 江戸川区医師会定時総会において看護専門学校(3年課程)開設
及び、医師会看護高等専修学校閉鎖の決議
平成24年07月 医師会内に「江戸川看護専門学校」開設準備委員会を設置
平成26年12月看護師学校養成所指定承認
平成27年03月 「江戸川看護高等専修学校(准看護師課程)閉校
平成27年04月 「江戸川看護専門学校」(3年課程)開校(定員40名)