概要

一般社団法人江戸川区医師会は、平成26年度で准看護師養成課程を終了し、平成27年4月より看護師養成3年課程(全日制)の開校を致しました。 本校は、江戸川区医師会の信条である「地域医療への貢献」を基に保健医療福祉のニーズを踏まえ、地域住民の健康・増進・回復に向け質の高い看護実践者の育成を目指します

沿革

江戸川区医師会は、昭和37年江戸川区医師会附属准看護婦学校として、准看護師を志望する者に対して、看護に必要な知識・技術を習得させ、豊かな人間性を養い、優れた准看護師の育成を目的として創立しました。 その後、昭和52年に江戸川看護高等専修学校と改称し、総数約3,300名の准看護師を社会に送り出し、地域保健医療の重責の一端を担ってきました。 今回、高度化、専門化する医療技術や多様化する保健医療ニーズ等に的確に対応できる質の高い看護師の育成の必要性から、地域住民の健康と福祉の増進を図るため、平成27年4月、准看護師養成から看護師養成(3年課程)全日制を開校しました。